arrowdeco-line01deco-line02deco-line03deco-line04deco-line05deco-line06deco-line07deco-line08mv-ttlsec-ttl-hsec-ttl-vtxt-name

FRich Quest FRich Quest

Home Interview Mio.Sato

MIO

SATO

2020年度入社

特命室

美容専門学校でトータルビューティーを学び、卒業後は美容師やリンパセラピストを通して
人々の「美」に携わる。その後、美容師時代からクライアントとして関わるフリッチクエストから声がかかり、
充実した研修制度や資産形成そのものへの興味から入社。
特命室所属として社長のインスピレーションを形にしている。

QUESTION01

部署でどんなお仕事をしていますか?

特命室は社員それぞれが全く別の業務をしています。共通しているのは「社長である森野のインスピレーションを形にする」ということ。
 
例えば、「牛に乗った写真を撮りたい」という要望で全国の牧場にひたすら電話したり、「社員のみんな、そしてご自身の子供と一緒に自転車で沖縄一周したい」という要望を叶えたり。いつも社長の奇想天外な発想にワクワクしながら業務に取り組んでいます。業務のボリュームが時期によって全然違うので、手が空くと自分の思いついた企画を提案したりもしています。

QUESTION02

部署のやりがいはなんですか?

社長含め、社員の皆が喜んでくれることがやりがいです。一度、ステークホルダーのみなさまを集めたコンベンションを行ったとき、とても良かった、スムーズな進行だった!と褒められた時はとても達成感を感じました。
 
また社長である森野の業務依頼は無理難題も多く、一見ちょっと厳しいのではないかと感じることもありますが、どうにか突破口を見つけ、実現できた時はとても嬉しいです。
難しいことに挑戦して達成できた時、自分の経験やキャリアの幅が広がったなと実感でき、やりがいが感じられます。

QUESTION03

1日の仕事の流れを教えてください。

フレックス勤務のため、1日の決まった流れはありません。オフィスに出社するときや、リモートで作業することもあります。
 
「特命室」の仕事には、ルーチンがないことが特徴かもしれません。ミッションは都度変わるので、関わる相手も変わります。
 
いままでやったことないこと、全く新しいことを行っているので都度やりかたを考えています。

QUESTION04

どんな人と一緒に働きたいですか?

社長である森野は、社員からの活発な提案を好みます。自分から面白いことを思いついたら上に提案できる人は、一緒に楽しめると思います。
 
同じことの繰り返しではないからこそ、得意分野を伸ばしていける部署なので、企画力やアイデア力で仕事をしている方が多いです。個性を活かせる部署なので、そういったポテンシャルのある人は向いています。
 
仕事はとても楽しいので、一緒に楽しめる人と働きたいです。

Back to top